punk / garage / powerpop / mod

punk / garage / powerpop / mod バンドキャンプやサウンドクラウドで紹介。 ほとんど自分のお気に入り備忘録です。

タグ:punk

コネチカット/ニューヘイブン。メインボーカルが2人いて、どっちが歌うかで曲の雰囲気がガラっと変わる。ハードコアタッチな曲の次にラモーンパンクが来たり。2017/3リリース。

 

バージニア/リッチモンドのストイックなパンクロック。シャープなギターと低音を担うベースの絡みが最高にパンクロックサウンド。2017/3リリース。

 

カナダ/ケベック/モントリオールの爽やかヤンキーなパンク/ロックンロール。
2016/7リリース。

 

フィンランド/ヘルシンキ。DEFORMITIESでドラムボーカルをやっていたDrew Owenのソロ。ポップなのに病んでる初期パンクスタイル。

 

カナダ/ノバスコシア/ハリファックスのハイエナジー・パンクロック。これはすごい。ハードな演奏でありながらハードコア要素も入っていてタイトにまとめているのが憎い。2017/2リリース。
 

テキサス/デントンのガールズボーカル。メンバーを見るとまだバンドの形態になっていない(ギターとベースが同一人物)デモのようだけど、既にクオリティが異常に高い。2016/4リリース。

 

ワシントン/シアトルのフロント3人が女性のドタバタ・ポップ・パンク。カセットテープリリースが実に似合う音。2016/6リリース。

 

ポルトガル/ファーロのパンクバンド。ポルトガルってあまり聞かない気がする…。堂々たるパンクロック。2014/9リリース。

 

ペンシルバニア/スプリングシティ。おそらく宅録のソロプロジェクトと思われます。超ローファイ・ガレージロックンロール・パンク。気合が入っててとても良い。


 

オレゴン・ポートランドのグラムガレージ~パンク。2015年にシングルも出しているが、一時期このアルバムの1曲目をず~~っと聴いていたのでこちらを先にオススメしたい。

 

カリフォルニア/ロサンゼルスのハイテンション・パンクロック。
2017年2月にシングルも出しているがこちらの初期作品集をまず薦めたい。
2016/2リリース。 

ノースカロライナ/カーボロのブチギレブルース~ガレージ・パンク。
ジャケットイメージどおりのダーティーな音。
マック・ブラックアウトバンドが好きな人とか大好きだと思う。2015/4リリース。

 

フランス/シブールの脱力ガレージパンク?へなちょこパワーポップ?なバンドのアルバム。
この1作前はもうひとつパンク度が高くてそちらもオススメ。2016/11リリース。

 

カナダ/オンタリオ/トロントの最小限な音なガレージ・パンク。プリミティブな音がどこまでも心地よい。2016/8リリース。
 

ニューヨーク/ロチェスターのブチギレ・シリアスパンク。今も活動はしているっぽいけどこれ以降音源はない…。

 

テキサス/オースティンの77styleのパンクロックバンド。バンド名どおりのイメージ。全曲2分未満のポップな曲ばかりでよいです。2015/7リリース。 

 

ニューメキシコ/アルバカーキのブチ切れテンションのロウ・パンク。
2016/12リリース。

 

ニューヨーク/ブロンクス区の女の子2人がフロントのバンド。つたない演奏が魅力。
2015/11リリース。


 

名門スローブンリーから。オーストラリア/ビクトリア/メルボルン。デビュー作っぽい。
ヒステリックなコード進行で突き進むパンクロック。 

 

フランス/トゥールーズのシリアスなメロディックパンク。
レディオアクティビティとかに近い。

スペイン/イゴレのガレージ?ガールズバンド。謎のバランスで奇跡の音を出している。
バキバキの音とヘコヘコの女の子の歌。2017/2リリース。

 

アリゾナ/フェニックス。
エネルギッシュな女性ボーカルのプリミティブなパンク~ロックンロール。
2013/2リリース。


 

ベルリン。男女混合ボーカル。
フックの効いた哀愁パンクロックサウンド。2017/1リリース。

 

スイスの覆面パンクス。地をはうようなロウなサウンドをぶっぱなす。2016/10リリース。

 

カリフォルニア/サクラメント。クール&ヒステリックなフィメールボーカルパンク。
2017/2リリース。


 

オレゴン/ポートランド。シンプルなぶっ放しガレージ~パンクロック。
 2016/11リリース。

 

ノルウェー/オスロ。レコーズ+ヤムヤムズ+スタイレットボーイズのような質感のバンド。3曲目を聴いてみて。
2017/2リリース。
 

カナダ/ケベック/モントリオール。
ふわっとした音を取り入れた変則的インディポップ~パワーポップ~パンク。
この手のバンドにしては曲が速い。2017/2リリース。
 
 

イリノイ/シカゴのアンダーグラウンド・ブルースパンク。
1stアルバムが大好評だった。2ndアルバム。相変わらず破壊力バツグン。
2017/2リリース。
 

ミズーリ/カンザスシティのパワーポップ。スローブンリーからリリースしてるWET ONESのメンバーがやっているっぽいが音が全然ちがう。
メジャー的な洗練された音を徹底して排除した手作り感のみの、やわらかく暖かいパワーポップ。
ひさびさにここまで完璧なパワーポップアルバムが出てきた気がする。今年ベストクラス。
2017/3リリース。


 
http://schedule.sxsw.com/2017/artists/16351 

ペンシルバニア/フィラデルフィアのバンド。
2000年前後を思い出すグラム度の無いパワーポップ/パンク。
ハイトーンガールズボーカル。2016/8リリース。



 

ケンタッキー州/ルイビルのバンド。リリースはまだ少ないみたいだけどこのシングルが強烈。

 

カリフォルニア/オークランドのトラッシュ・ガールズ・パンクバンド。
元々はトラッシュウーメン等で活動したティナ嬢が在籍していた。
2枚目のアルバム。2017/2リリース。


 

アイダホ州(日本のほかの記事ではLAのバンドと紹介されてたけど)のサイケ・パンクバンド。
新アルバム。過去にburgerなどからもリリースあり。強烈な1枚。

 

↑このページのトップヘ