punk / garage / powerpop / mod

punk / garage / powerpop / mod / ...it's soul & rock'n'roll !!
ワールドワイド・アンダーグラウンドロックンロール最前線ブログ。

タグ:california

US/(それ以外の情報不明、おそらくカリフォルニア州)。同名異バンドでかたつむりのコスプレチックなバンドがヒットするが、こちらはドタバタに突っ走るゴリゴリのパンクロックバンド。70年代US地下パンクの雰囲気をたっぷり含んでいる。2017/6リリース。


US/カリフォルニア州/サニーベール。The Waking HoursではフロントマンだったTom Richardsが、同じくメンバーだったLisaをフロントマンにしたプロジェクト。ジャム・スクワイヤーの影響が見えるモッド・サウンド。女性ボーカリストのキュートな声とモッド独特のタイトなメロディの組み合わせがバツグン。おそらく名前の後ろに「3」がついているのがバンドとしての曲で、リサさん個人名の曲はバンドというより、ポップスに近い(それらの曲も非常に良い!)2017/8リリース。


US/カリフォルニア州/ロサンゼルス。80年代中盤からのガレージパンクシーンの重要バンド、レイジーカウガールズのフロントマン、Pat Toddが率いている。2006年くらいから活動していて、アルバム4枚くらいリリースしている。爆走するガレージパンクと、しっかり聞かせるロックンロールの2曲。最新シングル。2017/6リリース。


US/カリフォルニア州/サンノゼ。GSサウンドのような哀愁あふれるメロディををパンクやサイケガレージのフレームを通して演奏する。60年代GSグループがパンクをやっているような錯覚に陥る。1曲目のみかなり垢抜けているが、本性は4曲目に隠れている。そして6曲目が正体。2017/7リリース。

US/カリフォルニア州/ロサンゼルス。ガールズボーカルでフックの効きがはげしいひねくれガレージポップ。シングル2曲のうち1曲目が非常に良い。2017/7リリース。


カリフォルニア/サクラメントの牧歌的ガレージ。フォーク~カントリー風味ある音。ハーモニカや独特なキーボードにのせてスノッティな歌声が響く。2017/2リリース。

カリフォルニア/チコ。チープな音作りで攻めるドタバタ・ガレージポップ。2017/4リリース。


カリフォルニア/サンフランシスコ。チープでガチャガチャした音が売りのキャッチー・ガレージバンド。3枚目のEP。女の子の歌声がポイント。 2016/3リリース。

 

カリフォルニア/ロサンゼルス。グラムテイストを軽く含んだ正統派パワーポップサウンド。2000~2016のコンピレーションらしい。2017/3リリース。


カリフォルニア/サンフランシスコ。ギターぶっ放し&ロウなボーカルのストレートなガレージパンク。ギターの音を聴いてるだけで楽しい。曲がどこかで聞いたことあるような謎のオマージュ。2017/3リリース。

 

カリフォルニア/サンフランシスコ。ポストパンクの質感のままパワーポップをやっているような不思議なバンド。2017/3リリースの4曲シングルと2016/1リリースのアルバム


 

カリフォルニア/ロングビーチ。都市の特性と間逆(笑)の地下室廃墟感がたっぷり詰まったアンダーグラウンド・パンク。ベースレスを感じさせない質感がたまらなくカッコイイ。4曲目が特に良い!


カリフォルニア/ロサンゼルスのシンガーソングライター。メロウな曲が大半でそちらの完成度も非常に高いが、パブロック風味あるパワーポップ(1,8)がこのブログ的にはオススメ。2017/1リリース。

 

ロサンゼルス。ガールズボーカルのグラム発の変化型パンク&ロックンロール。
 2016/8リリース。

 

カリフォルニア/サクラメント。クール&ヒステリックなフィメールボーカルパンク。
2017/2リリース。


 

カリフォルニア/オークランドのトラッシュ・ガールズ・パンクバンド。
元々はトラッシュウーメン等で活動したティナ嬢が在籍していた。
2枚目のアルバム。2017/2リリース。


 

カリフォルニア/ロサンゼルスのグラム・パワーポップ。
エレクトリック・シャドウズとか好きだった人は是非。
ジャケットイメージどおりの完璧なバンドです。 2016/8リリース。

↑このページのトップヘ