punk / garage / powerpop / mod

punk / garage / powerpop / mod バンドキャンプやサウンドクラウドで紹介。 ほとんど自分のお気に入り備忘録です。

2017年04月

テキサスの超人パワーポッパー。ほぼひとりで全パート&作詞作曲の天才肌。パンク前、70年代前半のパワーポップを感じる曲がギッシリ。2016/5リリース。

 

スウェーデン/ストックホルムのオールドスタイルなロカビリー~ロックンロール。ガッツリロックンロールな気分に浸りたい時に…。2016/3リリース。


 

ミネソタ・セントポールの革ジャンラモーンズスタイルのポップパンカー。
アルバムも複数枚出していて、一つ前のアルバムでガールズボーカルが抜けた?と思っていたらこのシングルではサラっと復活。2曲目の男女ボーカル混合曲が本領。2017/1リリース。

 

オーストラリア/ブリスベンのハイエナジーロック~ガレージ。メタル・ハードロック・ガレージパンクの中間点にいるようなバンド。


ニューヨーク。ネオアコ風味あふれるパワーポップ/インディポップ。軽いギターの音と溶けるようなボーカルの組み合わせは好きな人にはたまらないはず。2016/12リリース。

 

イリノイ/シカゴのロックンロール。オノヨーコを文字ったバンド名から気合を感じる。結構有名なバンド?みたいですね。紹介するのは2015/10リリースのアルバムですがこの後もリリースあり。

 

こちらは2016/6リリースの曲。

ペンシルバニア/スプリングシティ。おそらく宅録のソロプロジェクトと思われます。超ローファイ・ガレージロックンロール・パンク。気合が入っててとても良い。


 

アルゼンチン/ブエノスアイレスのモッドリバイバル影響下バンド。DEADBEATSのCHOOSE YOU、AMBER SQUADのCan We Go Dancingをカバーをするなど本気度が伺える。アルゼンチンは60'S影響下バンドが凄く多かったがついにモッドリバイバルが出てきた。2016/8リリース。

 

バージニア/ハリソンバーグのパワーポップ。2曲目などはモロEXPLODING HEARTSのSHATTEREDの影響下。しかしながらいいセンスしてる。2017/2リリース。

 

ニューヨーク/ブルックリンのガールズ・パワーポップ。歌がとても綺麗。
デビュー作らしいけど多分過去の活動もかなり多そう。2015/5リリース。

 

ニューヨーク/ブルックリンの非常にクオリティの高いガールズボーカル・パワーポップ。
このレベルの音源がフィジカルリリースされていない時代なのか~と思った。

 

フィジカルではHidden Volume Recordsから7inchがリリースされてます。

 

オレゴン・ポートランドのグラムガレージ~パンク。2015年にシングルも出しているが、一時期このアルバムの1曲目をず~~っと聴いていたのでこちらを先にオススメしたい。

 

カリフォルニア/ロサンゼルスのハイテンション・パンクロック。
2017年2月にシングルも出しているがこちらの初期作品集をまず薦めたい。
2016/2リリース。 

ノースカロライナ/カーボロのブチギレブルース~ガレージ・パンク。
ジャケットイメージどおりのダーティーな音。
マック・ブラックアウトバンドが好きな人とか大好きだと思う。2015/4リリース。

 

フランス/シブールの脱力ガレージパンク?へなちょこパワーポップ?なバンドのアルバム。
この1作前はもうひとつパンク度が高くてそちらもオススメ。2016/11リリース。

 

カリフォルニア/サンディエゴの60'sスタイルのガレージ~モッドバンド。95年から活動。
ボーカルは元Tell-Tale Hearts、Crawdaddys、HoodsのMIKE。
2016/12リリース。 

 

カナダ/オンタリオ/トロントの最小限な音なガレージ・パンク。プリミティブな音がどこまでも心地よい。2016/8リリース。
 

ニューヨーク/ロチェスターのブチギレ・シリアスパンク。今も活動はしているっぽいけどこれ以降音源はない…。

 

カナダ/ハリファックスの上質なパワーポップ~メロディック。
2015/8リリース。
 

テキサス/オースティンの77styleのパンクロックバンド。バンド名どおりのイメージ。全曲2分未満のポップな曲ばかりでよいです。2015/7リリース。 

 

ペルー/バランコのロウすぎる音のロックンロール~ガレージパンク。
70sパンク時代のロックンロールを感じさせる質感。
2016/12リリース。
 

ニューメキシコ/アルバカーキのブチ切れテンションのロウ・パンク。
2016/12リリース。

 

イギリスのグラム/バブルガム/パワーポップ。
エクスプローディングハーツの影響下。良い。
2016/6リリース。
 

ワシントン/シアトルのグラム・パワーポップ。
エクスプローディング・ハーツスタイル。Dimestore HaloesのChaz Matthewsがやっている。
2014年リリースだが2017/2に再発。

 

ニューヨーク/ブロンクス区の女の子2人がフロントのバンド。つたない演奏が魅力。
2015/11リリース。


 

フランス/パリのパブロック~ネオモッド~ロックンロール。
Drフィールグッドが ポップになったような感じ。2016/8リリース。
 

ミネソタ/セントポール。現代パワーポップの申し子トラビス・レミンのバンド。
フルアルバム。 2016/5リリース。

 

イングランドの本格派60'sスタイルガレージ。ハモンドオルガンを効かせて渋く聴かせるメロディ。2016/6リリース。



こちらは最新のシングル。2017/3。


 

名門スローブンリーから。オーストラリア/ビクトリア/メルボルン。デビュー作っぽい。
ヒステリックなコード進行で突き進むパンクロック。 

 

ミシガン/デトロイトのバツグンの男女ハーモニーをもつソフトロック~パワーポップコンビ。
この音源以外も凄くよい。 2016/8リリース。


 

↑このページのトップヘ