punk / garage / powerpop / mod

punk / garage / powerpop / mod / ...it's soul & rock'n'roll !!
ワールドワイド・アンダーグラウンドロックンロール最前線ブログ。

オーストラリア/南オーストラリア州/アデレード。自分達で「Bubblepunk Garage Power-Pop」と自らの音楽を呼ぶバンド。EXPLODING HEARTSと60'S GIRLS SOULとポップパンクをぶつけたようなサウンド。ジャケットからも漂う、バブルガムなパワーポップ・パンクへの憧れがぎっしり詰まった、このブログにとっては完璧ともいえる1枚。2017/8リリース。


カナダ/オンタリオ州/トロント。ほとんどの曲が1分台、一発勝負型、シリアスなフィメールボーカルのパンク。潔いパンクロックチューンがずらりと並ぶ。どの曲もイントロのインパクトが凄く、聴き入ってしまう。メロディも一筋縄で行かず、聴き応えもある。ハードコアとパンクの中間点といった感じ。ジャケが可愛いのもまた良い。2017/7リリース。


US/マサチューセッツ州/ボストン。哀愁あるギターを奏でるメロディック。プロミスリングなどの影響下だと思う。あまり探してなかったけどメロディックなエモーショナルパンクも2010年代にしっかり生き残っていると思うと嬉しい。2017/6リリース。

US/ノースカロライナ州。2人組みのニューウェーブ・サウンド。2人組みということもあって多重録音や打ち込みも利用したダークでぐにゃぐにゃしたニューウェーブ・サウンド。メンバーはBrain F≠だった人とWhatever Brainsだった人。さすがのセンス。2017/7リリース。



ハイペースで飛ばしすぎたので少し休みます。

スペイン/カタルーニャ州/バルセロナ。ちょっとだけ前の音源だけど、このバンドはコレ1枚のみしかリリースがなさそう。ビートルズ~サーチャーズなどがハンブルグに居たときのようなサウンド(つまりニートビーツのような)を展開。アルバム単位で曲を聴きたい…。2014/9リリース。


US/カリフォルニア州/ロサンゼルス。80年代中盤からのガレージパンクシーンの重要バンド、レイジーカウガールズのフロントマン、Pat Toddが率いている。2006年くらいから活動していて、アルバム4枚くらいリリースしている。爆走するガレージパンクと、しっかり聞かせるロックンロールの2曲。最新シングル。2017/6リリース。


US/ニューヨーク州/ニューヨーク。bellraysのようなおねーちゃんによるダイナイマイトボーカル・R&Bロックンロール。気合の入ったメガトン級のボーカルと地をはうような演奏。音源ではベースも入っているが、映像などで確認するかぎり2人組み(ギターボーカル+ドラム)。2017/6リリース。

イタリア/カリヤリ。おなじみ?2000年代に攻撃的なガレージパンクサウンドを鳴らしたリッパーズ。2010年代に入ってリリース数は減ったが活動はしている模様で、本作17年の最新アルバムでは、60年代のR&B~サイケ~ガレージのような雰囲気のメロディを重視した作品になっている。昔のシンプルなリッパーズのイメージが残っている人はビックリするかも。しかしこれまた最高である。2017/6リリース。


US/イリノイ州/シカゴ。2014年のデビュー作では日本の各レコードショップでもかなり衝撃的に迎え入れられた覚えがある(firestarterに感覚的に似ていた)。現行型パワーポップ~パンクバンドであるが、メロディが独特で面白いバンド。2016年にリリースされた本作ではフックの効いた演奏とエネルギッシュな歌声、グラムロックアプローチが組み合わさり、幅を広げている。1曲目のイントロのインパクトや、5曲目のメロディの良さは是非チェックしてほしい。2016/10リリース。

↑このページのトップヘ