punk / garage / powerpop / mod

punk / garage / powerpop / mod / ...it's soul & rock'n'roll !!
ワールドワイド・アンダーグラウンドロックンロール最前線ブログ。

US/フロリダ州/メリット島。島から登場した奇跡的なサウンドのパワーポップ~メロディック。80年代のパワーポップ~90年代のポップパンク~メロディックパンクの中間点に立ったような質感とメロディ。決して上手いとはいえない歌がまた良い。2曲目のイントロなんか鳥肌ものだ。2017/6リリース。

US/(それ以外の情報不明、おそらくカリフォルニア州)。同名異バンドでかたつむりのコスプレチックなバンドがヒットするが、こちらはドタバタに突っ走るゴリゴリのパンクロックバンド。70年代US地下パンクの雰囲気をたっぷり含んでいる。2017/6リリース。


スウェーデン/ストックホルム。女性ボーカルでビキニキル的なサウンドのパンクロック。活動自体は2009年くらいからやっているようだ。情報がほとんど無い…しかし非常に聴きごたえがあるので是非チェックしてほしい。2017/1リリース。

ブラジル/クリティバ。ハードコア要素とダークな雰囲気を取り入れた駆け抜けるパンクロック。2017/4リリース。


UK/イングランド。今までRock Indiana、Ghost Highway、Rum Barといった、英国にいながら海外のパワーポップ系レーベルからリリースを続けていたバンド。サウンドはEXPLODING HEARTS以降のグラム・パワーポップ。過去記事はこちら。ライブ音源。これまた良い。2016/2リリース。

US/ワシントンDC。2012年のシングルGot Me Runnin'が話題になった、アメリカン・パワーポップの歴史を全部ひっくるめたようなバンド。言ってしまえば超王道であるが、クオリティの高いグッド・ミュージックを聞かせてくれる。2017/7リリース。


カナダ/オンタリオ州/トロント。グラム的なサウンドとアートパンク的なボーカルで攻める。尖っているのにスティッキーなパンクロック。バンド情報があまり見つからない…(同名異バンドが多い)。2017/6リリース。


US/カリフォルニア州/サニーベール。The Waking HoursではフロントマンだったTom Richardsが、同じくメンバーだったLisaをフロントマンにしたプロジェクト。ジャム・スクワイヤーの影響が見えるモッド・サウンド。女性ボーカリストのキュートな声とモッド独特のタイトなメロディの組み合わせがバツグン。おそらく名前の後ろに「3」がついているのがバンドとしての曲で、リサさん個人名の曲はバンドというより、ポップスに近い(それらの曲も非常に良い!)2017/8リリース。


ロシア/リャザン州/リャザン。心地よいシャキシャキしたギターサウンドとスノッティなボーカルが重なった、ストレートなポップパンク。5曲目などではスカのカッティングなども取り入れていて、なんというか、世界中にあるパンクロックサウンドが好きで、楽しくて楽しくてしょうがないんだろうなという雰囲気が凄く詰まっている。ラモーンズとトイドールズとOPIVYが一緒にブームで来ちゃった感じ。2017/6リリース。







ロシアのパンクバンドってちょっと前まであまり想像つかなかったけどbandcampやサウンドクラウドのおかげでいいバンドが沢山居るってわかって嬉しいですね。

US/ワシントン州/オリンピア。キーボードを全面に押し出した、哀愁あるエモ・メロディックサウンド。メロディの良さもあるが、キーボードと気持ちの入ったハイトーンなボーカルの掛け合いが気持ちよい。5曲目がオススメ。2017/6リリース。

↑このページのトップヘ